PROFILE

佐藤哲哉プロフィール

出身地
神奈川県
生年月日
1969年3月26日
得意なプレー
サービス・ボレー
テニスを始めた年齢
小学1年生

バイオグラフィー

小学一年生の時、両親に勧められて近所のテニスクラブでテニスを始める。
ユニバーサルテニススクール、朝日生命ジュニアを経てイラコテニスカレッジへ。

中学三年の頃からその才能は頭角をあらわし、全日本ジュニア14才以下シングルス準優勝。
全日本ジュニアシングルス16歳以下優勝し、ジュニアナショナルチームのメンバーに選ばれ海外遠征へ。

日本大学に進学し、テニス部に入部。
大学時代の試合ではダブルスではほとんど負けなしの絶対王者だった。

インカレではシングルス準優勝、ダブルス二回優勝。
大学四年時に出場した世界ランキング獲得のための大会で好成績をおさめ大学卒業前にナショナルチームメンバーに選ばれる。
1991、92年にデビスカップに出場し、松岡修造とダブルスを組む。

プロになる考えもあったものの海外遠征の条件などがよかったこともあり1991年に実業団のNECに入社。
海外遠征を中心に試合を転戦。
1999年に現役を引退し、コーチへ転身。

たちかわジュニアテニスアカデミーにてジュニアの育成に専念し、全日本ジュニアチャンピオンを輩出。
同時に女子プロ選手のツアーコーチもつとめる。
2004年、フィールドを広げるべく渡米。ニューヨークのヨンカーステニスセンターにてコーチをつとめる。

現地に住む日本人や他アメリカ人にもテニスを指導。
2007年に帰国。
ジュニア、プロ選手、一般愛好家を含む幅広い層を指導のかたわら上智大学、桐蔭学園高等学校 男子部のコーチをつとめ、現在に至る。

主要戦績

  • 1990 全日本混合ダブルス   優勝
  • 1991,92,93,95 全日本男子ダブルス  優勝
  • 1991 ユニバーシアード混合ダブルス 銀メダル
  • 1991~96,1998 日本リーグ 優勝
  • 1991,92 デビスカップ 日本代表

JTA(JOP)最高ランク

シングルス 7位 / ダブルス 1位

過去対戦選手

ピート・サンプラス、マイケル・チャン、パトリック・ラフター、イワン・レンドル

文部省認定C級コーチ USPTA(全米プロテニス協会)P-1コーチ

佐藤哲哉プロフィール画像

■佐藤哲哉

サービスとネットプレイを軸にしたテニスで、全日本選手権のダブルスを4度制し、デビスカップ代表としても活躍。引退後はたちかわジュニアテニススアカデミーにてジュニアの育成に専念。同時に佐伯美穂、青山香織のツアーコーチを務めた。その後ニューヨークにてコーチ修行に励みUSPTAのP1の資格を獲得。帰国後、現在は国内で一般レベルからプロまでのコーチとして活動中。

詳しいプロフィールを読む

サトテツブログ
facebook
twitter
Copyright © SATO-TETSUYA All Rights Reserved.